読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

club_prince’s diary

クラブ初心者向けガイド2016・2017 雰囲気 客層 服装 音楽で選ぶオススメのクラブ

渋谷で今一番行列ができるクラブ ATOM TOKYO(アトム 東京) に初めて行ってみた!

渋谷ATOM(アトム)に初めて行ってきた。
渋谷で一番熱かったI2(アイツー)(旧店名T2 ティーツー)が今、通常営業してないから、I2の客が他のクラブに流れてる。その中でもATOMに流れる率が多いみたい。もう一つは渋谷Camelot(キャメロット)。
他のクラブ紹介ブログを見てると、ATOMは年齢層が一番若いってイメージがある。
どんな雰囲気のクラブなんだろって思って確かめに行った。
3月の土曜夜。
午前2時過ぎに到着。
赤い入口。
すぐ右隣は渋谷でHIPHOPのクラブと言ったらコレっていう、HARLEM(ハーレム)がある。
同じビルで、エントランスが真横に並んでるので間違えないでね!
https://resources.matcha-jp.com/old_thumbnails/720x2000/1183.jpg
出典https://matcha-jp.com/jp/1183

ATOM前を午前1時前に通りかかったら既に行列ができてた。
2時過ぎも同じ位で、20分位ならんだよ。
ちょうど私の前におひとり様の外人がいたからお話しした。イケメンアメリカ人。年齢30後半位かなぁとおもいきや26才!(笑)欧米人ってなんでこんなに大人びてみえるんだろね~。仕事で数か月に1度日本に来てそのたびにクラブ行ってるんだって。以前はT2行ってて、六本木はV2※が一番とのこと。こやつ遊んでるな(笑)
※六本木V2は沢山のクラブが入っているロアビルの一階で行列できるチャラ箱で有名なクラブね。

セキュリティ・IDチェック 2名体制。
ボディチェックしっかりやってる。
その際、ガム噛んでると捨てさせられる。

ロッカーは1階入って奥。その後、エレベーターで5階の入り口に行く。ちなみに、フロアに入ってからだと、ロッカーは少ししかないから、先にロッカーにコートとか入れてからエレベーターに乗るのがオススメ。フロア激混みだと、初めてアトム来るような人は帰るとき、ロッカーどこだっけ??ってなっちゃうかもだから(私みたいに(笑))。1階のロッカーこの時間でも空いててまだ余裕ある感じ。5階受付で1ドリンク込みの料金支払い、紙のドリンクチケットを1枚渡される。あと、お手洗いはメインフロアがある5階にはなく、4階と6階にしかないよ。

バーカンの奥がすぐに、メインフロア。
2時半頃、一番盛り上がってる時間帯で、満員御礼!音楽はALLMIXだけど、メロディアスな曲はあまりなく、ノリがいい曲がガンガンかかる。
アトムのメインフロアの天井は吹き抜けみたいになっておらず、低めだけど、LEDライトが横から流れ星のように点滅して流れてていい感じ。
f:id:club_prince:20170319181718j:plain

当日のメインフロア動画はこちら
www.youtube.com

メインフロアを挟むように両側にVIP席がならんでる。VIP取ってないとアトムは座れないって思ってたほうがいいよ。休むなら、VIP席とダンスフロアを仕切ってる柵にもたれかかるくらいかな。タバコ吸うなら、メインフロアの一個上の6階のLOFT(ロフト)っていうフロアの左はじ(メインフロアを見下ろせるガラス張りのところ)が穴場。そこにも椅子はないけど。
メインフロアの一個下の4階、CAVE(ケイブ)っていう洞窟みたいな内装のフロアは改装中で入れなかった(残念(-_-;))4階フロアは2017年4月7日にリニューアルオープンだよ。もうすぐだねー
ということで、アトムは全部で3フロアだよ。

さて、肝心の客層と雰囲気は・・
年齢層
20代~30代(日本人20代半ば前後の男子が一番多い)
女子はキャメロットよりもアトムの方が服装含め若い子が多い感じ。キャメの方が大人な感じの子が多いと感じた。

男女比
7:3 (メインフロア)
7:3 (上のフロア)
両フロアとも満員御礼。1000人位。

外国人の割合
2割。ロフトフロアはもっと外人率高い。

音楽
メインフロア ALLMIX(EDMメイン)
ロフトフロア  HOUSE

音量はちょうどよい大きさ。
ノリがいいEDMがかかる。少し前に大ヒットしたものから最新まで。
私の好きなDubstepのbanvoxもかかった。
Major Lazor の大ヒット曲 LEAN ON(リーン オン)が流れると、お立ち台の子がPVと同じ振付してた。

ナンパ
ロフトフロアにて。
アーリア人系の女子がこれまた同系の男子に声かけられてた。あっちの子って、掘りが深くて眉がしっかりしていて、たまにハッてさせられる子がいるんだよね。彼女はあまりうれしそうじゃない。困惑してる。その後、その男子は察したのか、離れていった。すると入れ替わりで日本人男子が彼女の両手をとって上に持ち上げて一緒に踊る。そんな感じで、誰かがナンパに失敗すると、またすぐに違う男子がくるのがATOM
入れ替わり立ち替わりってやつね(笑) 他のブログにも書いてあったけど、やっぱアトムが今、渋谷No.1のナンパ箱だと思う。私の後ろではずーっと抱きあってるし。
ATOMのナンパ状況を女子が検証したブログはこちら。リアルな感想が載ってて面白いよ。
kai-you.net

服装
意外に皆カジュアルな感じ。メインフロアに、あー、これエロっみたいな子がたまにいる(笑)
あと、クラブは暗いから白ワンピ、白Vネックニットなど、白が映えるね。
アトムのホムペの写真ギャラリー見るとおしゃれな人の服装よくわかるよ。
ATOM TOKYO - 東京・渋谷のクラブ

私は長袖ニット着ていったんだけど、フロアに出て体動かすなら、やっぱクラブは冬でも半袖がいいよ。暑くてそのうち汗かくから。

メインフロアDJブース付近両サイドにお立ち台がある。キャメロットより広い。
それぞれ数人が立ってる。
当日のメインフロアをロフトフロアから見下ろした風景
f:id:club_prince:20170312115826p:plain
こちらは当日の動画
www.youtube.com

今の渋谷No.1ナンパ箱を体験してみたい人は渋谷 ATOM TOKYOがオススメ!

最後に、メインフロアの動画で流れてた曲を紹介♪
Dizzee Rascal & Calvin Harrisの「Hype」(ハイプ:興奮する、ワクワクする、イイって意味) 
www.youtube.com

渋谷のクラブWOMB(ウーム)のDubstepイベントで初めてbanvox(バンボックス)を生で聴いてきた

渋谷のクラブWomb(ウーム)にイギリスから来日したDubstepダブステップ)職人Zomboy(ゾンボーイ)と、期待の日本人若手DJ banvox(バンボックス)が来るってんで行ってきました~ Dubstepメインのクラブイベントは初めてです。

当日のbanvox↓ 当日の動画は本記事最後にあるよっ
f:id:club_prince:20170212163402p:plain

f:id:club_prince:20170212191011j:plain

コレ、banvoxのAndroidのCM曲、聞いたことあるかな?
www.youtube.com

これまで縦ノリ系のEDM(エレクトロニックダンスミュージック)ばかり渋谷や六本木、新宿のクラブに聴きに行ってたんだけど、最近、HIPHOPDubstepなど他のジャンルも聴きに行くようになってきた。やっぱ同じジャンルばっかずーっと聴いてると流石に違うのも聴きたくなってくる。Dubstepってどんなんだろって方は、下記Zomboyのフェス動画をどうぞ!いわゆる汚い音のごった煮状態。嫌いな人にはただの騒音でしかないだろうね(笑)
Dubstep、クラブの爆音で聴くと重低音好きにとってはヤバイ(笑) banboxも最高だった!やっぱ生は迫力違うわー(^^♪
www.youtube.com

1時過ぎに渋谷WOMB到着。WOMB前に行列ができてるの初めて見た。やっぱ海外のメジャーDJが来るときは違うね。
外に40人位、中の受付前にもそれ位ならんでる。
受付手前では、VIP、ゲスト、一般と、3つの列に分岐してる。
VIPはVIP席予約している人、ゲストはDJや店員の知り合いとかね(中にはクラブに出演するDJ等のSNSで合言葉が出てるから、それを言うとゲストで入れたり)。
ちなみにWOMBのVIP席は3階のテラス席(VVIPテラス)と4階(VIPLounge)にあるよ。WOMBのVIP席は他のクラブと比べて良心的値段です。3Fは一人5,000円/2時間(+ボトルオーダー制)、4Fは一人3,000円/2時間。
WOMBはボトルも他のクラブより相当安い。モエ・エ・シャンドンって大体どこのクラブでも置いてある有名シャンパン、一番安い価格帯のでMOET & CHANDON BRUT IMPERIAL(モエ・エ・シャンドン ブリュット エンペリアル)WOMB価格13,000円也。六本木のクラブでは20,000円台。Amazonとかだと4,000円位で売ってる(笑)
下記はロゼ版。ピンクの箱が可愛いね(*^^*)
http://ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&ASIN=B008U7SWXC&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hacocco-22
出典
foryou-joshi.com

受付でIDチェックと支払いを済ませ(3,500円)、通路に入ると、通路が人でいっぱい。
通路にコインロッカーあるんだけど、全部埋まってる。。
仕方なくジャケットは手で持って移動(--;)
ロッカー前にあるサブフロアのWomb Loungeでは縦ノリ系のEDMがかかってる。ぎゅうぎゅうって程ではない。2階のメインフロアと3階のフロアはすし詰め状態。
でも、Zomboyとbanvoxを聴きに来たのに入らない訳にはまいりません(笑) 人をかきわけてバーカウンターまで行くのも一苦労だった(汗)
今回で渋谷WOMBは3回目の訪問だったけど、これまでと比べてメインフロアの音量がびっくりするほど大きかった。それでも重低音は音割れなどしておらす、重低音好きな私には最高!
重低音でフロアの床が振動する位だよっ(^^♪

さて客層と雰囲気は・・
年齢層 20代~40代(日本人20代前半の男子が一番多い)
男女比:
9:1 (メインフロア)
7:3 (Womb Lounge)
1:9 (Womb Lounge前通路)
メインフロアは終始、すし詰め、すごい熱気でもみくちゃにされるんで、それを嫌って通路やWomb Loungeは女子率隆。

外国人の割合:
3割位 今回、色んな国から来てるんだろーなって感じた程、多国籍な感じ。パキスタンから来たっていう髭ぼーぼーな男子とか(笑)

ナンパ:
外人男子が日本人女子にたまーに絡んでる程度。
2時頃になると、Womb Loungeには、他で飲んだりしてWombに遅く来た女子達が、ロッカーにコートをしまえず、コート着たまま入ってきたりしてる。
30代と思しき女子もちらほら。
外人男子(フツメンより上)が話したそーな感じで紙コップ片手にリズムとりながら近寄って行って大和なでしこに微笑みますが、女子はあからさまに顔と視線をそっぽにそらす。外人男子はそれを察して向きを変え。。もちょっと服装小綺麗にして髪型整えときゃいけたんだろーなーって思った。色落ち部分が汚れたジーンズによれたネルシャツでは、、、

服装:
渋谷っぽくなく、クラブ慣れしてない学生っぽい人も多く、気楽に行ける雰囲気。banvoxが若くて、あまりクラブクラブした感じの雰囲気でないから、来ている人も若くてそんな感じの子が多いのかな。メインフロアと3階のフロアでは、そんな学生らしき人達も含め、みんな狂ったように踊りまくってる。2時台にクラブに入ってくる女子は、どこかで飲んできたか、他のクラブからのはしごかって感じのおしゃれ女子が多い。
去年からトライバル柄が男子も女子も流行ってるね。
こんな感じのタイトスカートはいた女子が颯爽と入ってきてた。
http://livedoor.blogimg.jp/maringroup-blog/imgs/8/7/87ffc061.jpg
出典トライバル柄タイトスカート☆ | EGOIST 熊本パルコ | MGC

http://egoist-blog.com/data/thumbnail/0/25/m_2180a6756f15a801a6d6853de602f58ac89993ed.jpg?1436205724
出典オススメコーデ♡ | EGOIST河原町OPA | EGOIST BLOG


踊り:
縦ジャンプか、体でリズム取りながら首を縦に振るとか(ヘッドバンギングほどではなく)、コアな人は深いお辞儀をすごいスピードで繰り返したりする感じ(ヘビメタとかハードロックとかであるよね。通称腰バン(笑))。Dubstepに合わせたプロのダンスは本記事の一番下を見てね。

当日の動画はこちら。
banvox
www.youtube.com

Zomboy
(指入っちゃった💦 スマホ落とさないように必死でした~(笑))
www.youtube.com


最後にDubstepのプロのダンスをどうぞ
www.youtube.com

こちらは女性ダンサー
www.youtube.com

新宿歌舞伎町のクラブ GatsbyHouse(ギャツビーハウス)のHIPHOPイベントに行ってみた!

新宿歌舞伎町のクラブ、GatsbyHouse(ギャツビーハウス)の受付で今日の音楽のジャンルは何ですか?と聞いたら、その日はラッパーが来るHIPHOPイベントでした。以前、渋谷CLUB camelot(キャメロット)の地下2階のHIPHOPフロアと、HIPHOPで有名なMIST ROPPONGI(ミスト六本木)には行ったことあるけど、ラッパーが来るHIPHOPイベントは初体験! 
場所は新宿歌舞伎町風林会館をもう少し奥に行って、バッティングセンターよりも少し手前の右手ビルの地下2階です。歩いていれば、奥まったところの壁にモニターがあって、そこにギャツビーハウスの映像が流れてるので分かるかも。下の写真でいうとAのところにモニターがあります。Bのスペースは喫煙所になっていて、椅子も出るので近くでビールとか軽食を買って飲めちゃいます。コロナビールがスーパーと同じくらいの値段で買えて嬉しかった
f:id:club_prince:20170203230347j:plain


0時半頃到着。中箱です。収容人数MAX300人位でしょうか。
受付で料金3,000円/2Drinkだったか?(あまり覚えてない(;^_^A、ホムペにこの日のイベント詳細は書いてないんです)を払い、リストバンドを受け取ります。
受付過ぎてすぐ目の前が休憩できるラウンジみたいになっていて、そこにコインロッカーもあります。
70-80人位の入りでちょうどよい混み具合です。VIPルームが広いため、フロアスペース・バーカウンタースペースはその分狭く、そのくらいの人数でガラガラでもなく、肩もぶつからずの丁度よい感じです。

複数のラッパーが来ていて、マイクパフォーマンス+ラップで、すごく盛り上がりましたよー↑↑
ラッパーのマイクパフォーマンスを生で聞くのは初めてだった。
テレビでラップでの口喧嘩みたいな番組は何回か見たことあったけど、生は全然違うっ(笑)
みなさんエネルギーに満ちていて、パワーをもらった感じです!
またこんなクラブイベントに行きたいっ!て思いました。
結構過激な発言とかしているのも新鮮で面白かった。
GOGOダンサーというべきかよくわからないのだけど、赤いエナメルボンテージミニスカの子がフロア前でラッパーと一緒にパフォーマンスしていて、ポールダンスはしないのだけど、見てて楽しかった!こんな感じね。
https://encrypted-tbn2.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQxMBGeJDlZBiHGzz8pEjfVgFKlkE57YQd0fvoPwtnToZ5vu-Os

あるラッパーは、ときどきライターに火をつけて前にかざしてる(笑)
この火を見ろっ!!って感じで(笑)
宇都宮から来たっていうラッパーが一番エネルギッシュだったなー。

肝心の客層・雰囲気ですが、
年齢層 20~30代後半位。
男女比 8:2
服装はHIPHOPっぽい、だぼだぼな服着た人は意外に少なかった。1割位かな。
あとは、普通にEDMイベントにも来てそうな服装(トレーナーにジーンズ)の人が多かった。
ただし、さすがHIPHOPイベントだけあって、キャップかぶった男子が多かった。3割位はキャップかぶってたかな。
ナンパは見かけませんでした。
男子も音楽メインで楽しみに来ている感じです。
場所柄、ホストっぽい恰好の男子もいました。
ラッパーやダンサーはDJよりもお客さんに近いステージに立っているので、間近で見れて迫力があります。

ドリンクがちょっと高めでした。私がそのとき飲みたかったウオッカテキーラ系カクテルは大体1,000円。
フロア前方には噴水があります。VIPルームではプールなんかをやっているときもあるそうです。
貸し切りなんかもやってます。ぐるなびの紹介ページの写真が詳しいのでどうぞ
r.gnavi.co.jp

受付のお兄さんは親切に、今日はHIPHOPをやっていて、・・という説明をしてくれました。
バーカンの接客も普通によいです。
男に厳しく、女に甘い、とかいうことはなかったです(笑)

流れた曲の中で、あっ、これどっかで聞いたことあるけど、曲名知らない、でも大好きってのがありました。
こういうのすんごいベタなんでしょうが、初心者向けのブログですので、こちらを紹介!

House of Pain というグループのJump around。馬の鳴き声みたいなヒーーン、ヒーーンってゆうなんとも言えない音がバックで鳴っているのが特徴的です。
www.youtube.com

私は昔、Prince & The New Power Generation をよく聴いていたのですが、Gett offでもそんな感じのなんとも言えない音が鳴ってて好きです。ちなみに女性の喘ぎ声の方じゃないですよ。
Gett offはこちら。
vimeo.com


HIPHOPはそれほど好みじゃないけど。。っていう人でもただ、音楽を流すだけでなく、ラッパーが一緒に出演するようなHIPHOPイベントだと楽しめてはまっちゃうかも。
皆さんも一度いかがですか?(笑)

おまけで、ギャツビーハウスのEDMの動画はこちら
www.youtube.com

ハーブ酒のコカレロパーティーイベントも楽しそうです。イエーガーの次に来るのはこのお酒かもねっ。渋谷のクラブ WOMBでもコカレロのポスターが貼ってあったよ。
http://gatsby-house.jp/report/images/cocalero_img19_min.jpg
出典http://gatsby-house.jp/report/

最低10店舗のクラブ紹介に+αで

明けましておめでとうございます!
クラブに行き始めてまだ1年未満のclub_princeです。

はてなブログのブログ管理画面上の「ダッシュボード」から、ブログチャレンジっていうのができます。
ブログにはこんな機能があるんだよ、ブログではこういうことすると皆に読んでもらえるよ、ということをそのチャレンジを通じて学べるようになっています。
で、「初級 ブロガーを目指す君へ」の項目に「今週のお題に記事を投稿する」があり、これと「お題スロット」をクリアすれば、あとは既にクリアしてるので、中級ブロガーになれるそうです。
そんな訳で、今週のお題、2017年にやりたいことを、今までのまとめと併せて書いてみた。

去年はなんとか、クラブ関係の記事を21記事Upできました。クラブ自体は東京の12店舗を紹介しました。
Club Diana(クラブ ディアナ)@日比谷
I2 SHIBUYA(アイツー 渋谷)(旧店名 T2渋谷)@渋谷
MOGRA(モグラ)@秋葉原
WOMB(ウーム)@渋谷
ESPRIT TOKYO(エスプリ東京)@六本木
AgeHa(アゲハ)@新木場
Club&Bar CASABLANCA(カサブランカ)@新宿
Club camelot(キャメロット)@渋谷
CLUB & DJ BAR【BUMP】(バンプ)@新宿
SOUND MUSEUM VISION(サウンドミュージアムヴィジョン)@渋谷
R TOKYO(アール東京)@西麻布
MIST ROPPONGI TOKYO(ミスト六本木東京)@六本木

メジャーなクラブだけでなく、秋葉原や新宿歌舞伎町の小箱も紹介しました。今後も大きいとこから小さいとこまで紹介していきます!

仕事などの関係上、クラブに行くなら土曜(金曜も行きましたが、やはりスーツ着たままオールするのはしんどいですね。。)、そして記事にするのはかなり後になってしまい、なかなか記事を書けないのですが、2017年も引き続きクラブ初心者向けにクラブ紹介記事を最低もう10店舗分書きたいと思ってます!
クラブに行ってみたいなーって思ってるけどまだ躊躇して行けないような人が、このblogを読んで、勇気を出して行ってみた、そしたら凄くよかった、楽しいこと新しく発見しちゃった~\(^o^)/ってなればイイですね!
Twitterからも記事チェックできますよ~
twitter.com

2016年はクラブの雰囲気(チャラ箱、音箱、ナンパ有無など)、男女比、年齢層、服装、混み具合、音楽、ダンスなどを紹介してきました。
2017年はクラブの人間模様をもっと掘り下げて書きたいなって思ってます!

六本木クラブ初心者の私がおそるおそる、MIST ROPPONGI TOKYO(ミスト 六本木 東京)に行ってみた!

金曜夜、仕事帰りにMIST ROPPONGI(ミスト六本木)を訪問。
ミスト六本木は料金がとてもリーズナブルです。
男性は19時から23時までの入場で1,000円飲み放題(メニューは限定されてますが)。
それ以降入場は男性1,000円/2Drink(金・土は1Drink)。
もちろん女性はもっといい条件です。

実は前回六本木訪問時、ミスト六本木に行こうと思ったのだけど、これは、、と思って結局行かなかったことがありました。
その時のレポはこちら
club-prince.hatenablog.com

25時過ぎ、ミスト六本木到着。受付前には外国人のお客さんの列ができてます。
f:id:club_prince:20161230134747j:plain
ミスト六本木は料金がリーズナブルということもあり、外国人のお客さんが多く来るHIPHOPが流れる小箱のクラブです。HIPHOPというと黒人さんのイメージがありますが、その日はほとんどいませんでした。私は音楽はEDM派なんですが、最近、色々聞くようになってきて、たまにはHIPHOPもいいかもって思い、HIPHOP系のクラブ初訪問になりました。

受付でIDチェック。運転免許証を見せると、その他に健康保険証か名刺を見せてくださいって言われました。うーん、なんでだろ。外国人のお客さんが多いから運転免許証はメインではないってことなんでしょうかねー。
ロッカーは受付過ぎて地下1Fに降り、入口入ってすぐ左側にあります。あまり数はありませんが、皆さん私服&手ぶらのラフな格好で来てますので、ふさがるってことはないでしょう。
25時過ぎのかなり混んだ時間に入ったけど、ロッカーはまだ空いてましたよ。

さっそくですが、客層・雰囲気は
男女比7:3
外国人比率8割! ミスト六本木は日本人にとってはアウエーですね(笑)
日本人男子はほとんどおらず、女子がメインです。
年齢層20代前半~30代後半 30才前後がメイン(外国人の年齢は見た目より高く見えるから、もうちょっと若いかも、だけど)。
150人~200人位収容できる小箱のクラブで、他のクラブ紹介ブログでは、いつも混んでるとのことでしたが、やっぱ混んでました。
結構混んでいますが、何とか踊れる感じです。
その日はナンパはみかけませんでした。
外人が仲間と楽しみに来てるクラブというイメージです。外人がナンパするとこってみたことないんですが、実際はどーなんでしょうね。

あまり座るところはありませんのでそこは覚悟して行きましょう。元気な時に行きましょうね(笑) VIPシートをとれば別ですが。
座れるところは、大き目のテーブルの周りに6つ位、丸椅子があり、おそらくそこだけになります。そこに座ってタバコ吸っていると、隣の欧米系の男子がフレンドリーに話しかけてきます。イケメン外人男子と知り合いになりたいっていう日本人女子にはとってもオススメなクラブです(笑)。英会話は必須かな。
黒いビキニやモノキニ※着た日本人GOGOダンサーがお立ち台各所で踊るタイムが何回かありました。

※前から見るとワンピース、後ろから見るとビキニに見える水着
こーゆーやつね↓
f:id:club_prince:20161231122635j:plain
出典http://www.dj-bar-bump.com/gallery/photo/20140728124505/


陽気でノリがいい外国人が多く集まっていて、みなそれぞれの踊り方で踊ってます。
こんな感じかな。

www.youtube.com

www.youtube.com


服装は下記、ミスト六本木のホムペを見てね。スーツでなく、私服で行くことをオススメします。
greenlandjp.com

私はHIPHOPについては全くの初心者で、知ってる曲はありませんでしたが、案外楽しめました。
知ってる曲が沢山あれば、もっと楽しめるんだろーなー。
HIPHOPに限らず、自分が知っている曲を爆音でみんなで聴いて盛り上がれるのがクラブのいいところですよね。
自分好みの曲のレパートリーを増やしていくと、クラブでの楽しみも増えると思います。
HIPHOP 2016 best」 などでYoutube検索すれば、幾らでも曲を聴けるんで、クラブ行く前に、前もって聴いておくといいかもしれませんね!

では、今年のクラブレポはこれにて終了します!
よいお年を~☆彡

都内のクラブに元AKB48のともちん(板野友美)登場!? 芸能人・有名人DJ@クラブ

銀座(日比谷・有楽町)クラブDiana(ディアナ)の動画に、元AKB48のともちん、こと板野友美が映ってるのを見て、なんでマスクしてるんだろ、クラブで風邪移されないようにマスクしてるのかなーって本気で思ってた。1年位ね。。
で、こないだ、そっくりさん紹介のテレビ番組で、板野友美のそっくりさんで、ざわちんが出た。マスクをしているではないか!えっ、あの動画の子はもしかして。。
そこでやっと、ともちんだと思ってたのは、ざわちんだと分かりました(笑) ディアナの動画にはざわちん&森下悠里って、説明が出てたのにね(;^_^A

クラブ ディアナの動画はこちら
www.youtube.com

ざわちんをまだ知らない方がいらしたらこちら
ameblo.jp

鼻から上の顔のパーツ、眉毛と髪型で、いろんな有名人に変装しちゃう彼女。すごいっ。
bookclub.kodansha.co.jp

ちなみに本家のともちんはクラブでLIVEやDJやることもあります。
2016年@新木場AgeHa
パーティーレポート|ageHa

2014年@新木場AgeHa
www.youtube.com

他に芸能人・有名人DJだと、EXILE MAKIDAI、ナイナイ岡村ふかわりょう、マークパンサーがいます。

DJ OKAMURA@新木場 AgeHa
www.youtube.com

www.youtube.com

DJマークパンサー@新木場 AgeHa
www.youtube.com

私は、クラブに行き始める前、芸能人がDJやっているとは思いもよらなかったです。
やはり芸能人・有名人だと集客力がすごいんでしょうね。
先日テレビで渋谷のDJ育成学校の紹介番組を見たら、その場の雰囲気に合わせた曲を流し、さらに場を盛り上げるって力がDJに求められる重要な能力だって言ってた。そして今は全部デジタル化されてるんで、昔ほど、テクニックは要らなくなったとも。
自分で作曲もできる日本人DJというのはその分、貴重な存在ですね。
私が今一番好きな、作曲もできる日本人DJはbanvox(バンボックス)です。
最近はShowtek(ショウテック)やVinai(ヴィナイ)などの縦ノリ系EDMに加えて、Skrillex(スクリレックス)の中高音域が過激でハードなBrostep(ブロステップ)というジャンルが好きです。 Skrillex好きな人はきっとbanvoxも好きだと思いますよ。
AndroidのCMにも使用された曲。聞いたことあるかな?
www.youtube.com


最後にクラブDianaの動画でかかっている曲(EDM)を順番に紹介します!

最初のイエーイエーイエーのやつ これはPitbullの曲。
www.youtube.com

2曲目のエブリバディ ファッキン ジャンプ! ジャッジャッジャッジャッのやつ 大御所ZEDDの曲。
www.youtube.com

3曲目 これもZEDD。
www.youtube.com

最後の曲 イッツ オルウェイズ ア グッド タイム!のやつ Owl City & Carly Rae Jepsen。
www.youtube.com

クラブの入場料金は数千円だから、芸能人や有名人見るには安いかもねっ。
都内だと、新木場AgeHaや渋谷Womb(ウーム)、渋谷Vision(ヴィジョン)、銀座Dianaなどの大箱がゲストDJで呼んでるよ。

西麻布で新しいクラブ R TOKYO(アール 東京)金曜ALLMIX(EDMメイン)に行ってみた

金曜日、銀座(日比谷・有楽町)のCLUB DIANA(クラブ ディアナ)の後、タクシーで西麻布に向かう。六本木・麻布エリアのクラブは、まだESPRIT TOKYO(エスプリ東京)しか行ったことがなくて、次はどこに行こっかなーって思ってました。
ネットの下調べで、最近できたクラブ(2016年3月オープン)だったこと、そして安心して楽しめる大人のクラブというコンセプトに惹かれて、R TOKYOへ。

R TOKYOは六本木アマンド前からリムジン無料送迎サービスやってます。下記サイトにあるチケットを見せれば誰でも(男性もOK)乗れて、しかも車内で無料シャンパンサービス! アマンド東京メトロ六本木駅3番出口出てすぐです。
eventsearch.jp

たまーにこういうリムジン、都心で走ってるの見かけますよねー。社会見学(いや車内見学?)として一回乗ってみてもいいかも。
http://dt58e5nfdvrp5.cloudfront.net/facimg/5967_cnt3_1468479361.jpg
出典六本木・無料リムジン - アール東京 (時刻表) - 東京/赤坂・六本木・麻布/エンターテイメント - イベントサーチ

ちなみに、六本木アマンドって、六本木交差点にある喫茶店で、なんと1964年開店!「待ち合わせはアマンド」や「アマンド前で」と言われ、当時から六本木交差点のシンボルです。レトロな昭和の雰囲気ですね~
http://www.roppongi-almond.jp/images/history/image_07.jpg
出典アマンド ブランドヒストリー| 株式会社アマンド

ディアナからタクシーで15分、2,000円位でR TOKYO付近に到着。首都高の下で停めてもらって、赤いのれんのモロッコ・地中海料理屋と、「にくだらけ」っていう焼き肉屋があるところを入り100mほど歩くと、道路の右側に一見豪華なマンションのような建物の地下にR TOKYOはあります。24時過ぎに到着。
f:id:club_prince:20161127114517j:plain

その建物の前にセキュリティが立ってるので、IDチェック後、荷物がある場合は、建物に向かって左側の駐車場兼内部エントランス?(下の写真の一番左はじ)に入ると右の壁沿いにコインロッカーがあります。
http://www.locationbox.metro.tokyo.jp/catalog/images/img_07785_04.jpg
出典R TOKYO|レジャー施設|ロケ地検索|東京ロケーションボックス

赤いカーペットの階段を降り、地下1階受付で3,500円/2DRINKを払い、ドリンクチケット2枚をもらいます。受付は感じのよいお姉さんでした。
R TOKYOは2フロア構成です。地下1階はラウンジっぽい作りになってて、地下2階のフロアがメインフロアです。地下1階の奥の方にはアイス売ってるコーナーがあって、DRINKチケットでお酒の代わりにアイスなんてこともできちゃいます(この日はポップコーンはやってませんでした)。
http://uds.gnst.jp/rest/img/cj9phvyx0000/s_00fp.jpg?t=1480075867
出典http://uds.gnst.jp/rest/img/cj9phvyx0000/s_00fp.jpg?t=1480075867

当日地下2階メインフロアの様子
www.youtube.com


肝心の客層、服装、雰囲気は、、
年齢層 20代前半~30代後半
男女比 6:4
服装 大人な雰囲気のクラブに反して、スーツの男性は少な目。カジュアル系が多い。いわゆるクラバーとか遊び人風の男子はほとんどいなかったです。女子もカジュアル系が多目です。
他のクラブ紹介レポを読んでもわかるのですが、男子も女子もあまりクラブ慣れしていない層がある程度来ているようです。
それはリムジンサービスがあったり、アイスを食べれたり、お笑い芸人を呼んでライブやったりと、新しい客層を開拓しているからなんでしょうね。
見かけた女子の服装で覚えているのは
ロングニットカーディガン
http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg
出典http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg

http://image.rakuten.co.jp/pierrot/cabinet/img38/s1512-012052_2_1.jpg
出典http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg

Gジャンに白スカート
https://live-seconds-clipkit.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/item_images/images/000/020/219/medium/99f819f5-ea32-4c21-9709-574a42d34590.jpg
出典https://live-seconds-clipkit.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/item_images/images/000/020/219/medium/99f819f5-ea32-4c21-9709-574a42d34590.jpg

黒のパンツセットアップ
http://www.ruirue.co.jp/colormeshop/colormeshop_pc/pantsdress/pantsdress_item_list/pa426/item_pa426_03.jpg
出典http://www.ruirue.co.jp/

音楽はALLMIXでEDMメイン。音質はいい感じ(動画はスマホ撮影なので音が割れてすごく悪く聴こえるけど)。音量は普通。
レーザーもそれほど派手ではなく、落ち着いた大人な雰囲気のクラブって感じです。
ぎゅうぎゅうに混むという感じではないので、ゆったり音楽とお酒を楽しめます。本格的に踊りたい方も、スペースがあるので大丈夫です(イベント内容によっては激混みかもしれません)。

下記R TOKYOのホムペのシステム説明どおり、安心できる雰囲気ですので、クラブ初心者の方で、クラブって怖そう、、でも六本木・麻布エリアのクラブに行ってみたい!って方にオススメです。
www.r-tokyo.jp

最後におまけです。西麻布と六本木の間あたりにあるケバブ屋がとっても美味しかったので紹介します!
その名も「ケバブバー六本木」!(^^)!
場所は六本木交差点アマンドから120mぐらい西麻布よりの場所で、麻布警察署とパン屋のポンパドウルの間にあります。
お店の外観(カウンターだけのお店です。立ち食いOKなお店です)
f:id:club_prince:20161129011559j:plain

お店の中
f:id:club_prince:20161129011616j:plain

メニュー(食べ終わりの写真でごめんなさいで候🙇)
f:id:club_prince:20161129011631j:plain

ケバブサンド500円、オリジナルソースで食べました。
秋葉原にはケバブ屋が多くあるのですが、秋葉原ケバブ屋のケバブサンドの3倍位の量があります。さすがインターナショナルエリア六本木のケバブ屋だけあります。
実際、私が入ったときはすでに外国人が4人入っていました。
ピリ辛ソースは選んでないのですが、ピリッとホットなソースがしっかり肉にかかっています。
ピタブレッド(半円形のどらえもんのポケットみたいな形の薄い生地のパン)の中にはこれでもかって位、細かく刻んだキャベツがぎゅうぎゅうに入ってるのだけど、
沢山の肉にまんべんなくソースがかかってるから、それと交互にキャベツを食べると、そのソースの濃ゆさをキャベツが中和してくれて、ちょうどいいんです。あまりにキャベツが多くて、途中で食べきれないかもと思ったけど、
その中和のおかげで全部おいしく最後まで食べきれちゃいました。大食いの人でなければ、腹が減っていても、この500円のケバブサンドでお腹いっぱいになりますよ。
もしかすると女子は食べきれないかも。
ネカフェで仮眠とってから、朝の6時頃、磯丸水産六本木店前を通ったら、外国人で満席状態なのには驚いた!
皆さんクラブなどの夜遊び明けでお腹がすいて磯丸水産で海鮮焼いて食べているんですね~
前回の六本木朝帰りの時には気づかなかった新しい発見でした。
眠らない街は歌舞伎町だけではないんですね~