club_prince’s diary

クラブ初心者向けガイド2016・2017 雰囲気 客層 服装 音楽で選ぶオススメのクラブ

初めてクラブに行ってみた 銀座(日比谷・有楽町) クラブDiana(ディアナ)

ネットで色々リサーチした結果、
会社帰りのOLとかサラリーマンがメイン客層で、落ち着いてて安全そうな(笑)
銀座(日比谷・有楽町)のDianaにターゲットをしぼる。

東京メトロ有楽町駅地下から直接入れます。
土曜夜19時過ぎに訪問(このクラブは夜中1時閉店です。他のクラブは大体朝までやってます)。
受付に黒服の20代前半の感じのよい受付の女性。普通の会社のOLみたいな感じで親しみやすかった(一安心、ホッ)
連れと一緒だったせいか、IDチェックはされませんでしたよー。大丈夫かな。
皆さん、クラブには年齢が分かる身分証明書(免許証とか)を絶対持って行ってくださいね。
長時間並んだ挙句、身分証明書をもっておらず、IDチェックの時にはじかれてる女性達をよく見かけます。

受付で男性は3,500円払ってドリンク用のコインを2枚渡されます。
コインゲームのそれみたいな感じ。Diana のマークが刻印されています(Goddess of the moon)。
他のクラブは紙だったり、プラなので、それと比べると高級感ありますねー
受付を済ませて地下に降りていくとロッカーがあります。

ちなみに服装は、ジャケパンならドレスコードにもひっかからないし、と思い、次のようなものを揃えて着ていった。
全部近所のGAPです、はい(笑)

・ネイビーのジャケット
・水色の襟つきシャツ
組み合わせると上半身はこんな感じ
   ↓↓
http://fashioneye2.com/wp-content/uploads/2016/02/2016-02-08_22h52_02-e1454939676880.png

下は
・グレーのスリムジーンズ
・靴は黒の革靴←会社に履いて行ってるやつ(笑)

この恰好で全然浮かなかったのでよし。
女性も男性もジーンズに上はニットみたいな軽装の人もいるし、
こんな感じ
 ↓↓
kaumo.jp

インスタグラムで大人気のネットショップ!【MODE ROBE】
 ↓↓


黒服着て踊りまくっている50代と思しき男性、
DJブースの目の前で踊りまくっている真っ白な服を着たDJ KOOのような外見の男性など
色んな人がいて見ていて楽しかった。

自分と連れは(二人ともクラブは初めて)、お地蔵さんのように、フロアの隅にある丸椅子に座ってお酒飲みながら見学です。
時間が早かったので、フロアには7人位のみ。みんな自信持って踊ってる人達。
混んでないと、なかなか日本人はフロアに出ていけないものですね。他のクラブも大体そんな感じです。
私達のすぐ目の前に二人組のアラサー女性がいて、アラサー男性が声掛けしていたが、ダメだった模様。
久しぶりにナンパを目撃しました(笑)

21時頃になり、スーツの人が増えてきた。
用事があったので、残念ながら21時に切り上げました。。
この日のジャンルはオールミックス。流行りのEDMからPOPSまでなんでも。
どこかで聞いたことのあるような、メロディアスな曲が多かった。
毎週土曜夜のWORLD GROOVEですね。

50代でも行けますね、このクラブは。
21時時点で私達が座った丸椅子の後方にあるVIP席には、まだ人はいませんでした。
帰り際、B3Fのメインフロアから階段上ると、B2Fの壁際の席に、お一人様らしき男性が数人、タバコ吸って音楽に浸ってました。
一人で来る場合、この壁際に洞穴のように少しくぼんだ席はくつろぐのにいいかも。
総じて上品なクラブでした。

店内の様子は下記動画を 最後の方に本物のDJ KOOが少し登場してますよ
www.youtube.com


金曜日編のレポはこちら
club-prince.hatenablog.com