club_prince’s diary

クラブ初心者向けガイド2016・2017 雰囲気 客層 服装 音楽で選ぶオススメのクラブ

西麻布で新しいクラブ R TOKYO(アール 東京)金曜ALLMIX(EDMメイン)に行ってみた

金曜日、銀座(日比谷・有楽町)のCLUB DIANA(クラブ ディアナ)の後、タクシーで西麻布に向かう。六本木・麻布エリアのクラブは、まだESPRIT TOKYO(エスプリ東京)しか行ったことがなくて、次はどこに行こっかなーって思ってました。
ネットの下調べで、最近できたクラブ(2016年3月オープン)だったこと、そして安心して楽しめる大人のクラブというコンセプトに惹かれて、R TOKYOへ。

R TOKYOは六本木アマンド前からリムジン無料送迎サービスやってます。下記サイトにあるチケットを見せれば誰でも(男性もOK)乗れて、しかも車内で無料シャンパンサービス! アマンド東京メトロ六本木駅3番出口出てすぐです。
eventsearch.jp

たまーにこういうリムジン、都心で走ってるの見かけますよねー。社会見学(いや車内見学?)として一回乗ってみてもいいかも。
http://dt58e5nfdvrp5.cloudfront.net/facimg/5967_cnt3_1468479361.jpg
出典六本木・無料リムジン - アール東京 (時刻表) - 東京/赤坂・六本木・麻布/エンターテイメント - イベントサーチ

ちなみに、六本木アマンドって、六本木交差点にある喫茶店で、なんと1964年開店!「待ち合わせはアマンド」や「アマンド前で」と言われ、当時から六本木交差点のシンボルです。レトロな昭和の雰囲気ですね~
http://www.roppongi-almond.jp/images/history/image_07.jpg
出典アマンド ブランドヒストリー| 株式会社アマンド

ディアナからタクシーで15分、2,000円位でR TOKYO付近に到着。首都高の下で停めてもらって、赤いのれんのモロッコ・地中海料理屋と、「にくだらけ」っていう焼き肉屋があるところを入り100mほど歩くと、道路の右側に一見豪華なマンションのような建物の地下にR TOKYOはあります。24時過ぎに到着。
f:id:club_prince:20161127114517j:plain

その建物の前にセキュリティが立ってるので、IDチェック後、荷物がある場合は、建物に向かって左側の駐車場兼内部エントランス?(下の写真の一番左はじ)に入ると右の壁沿いにコインロッカーがあります。
http://www.locationbox.metro.tokyo.jp/catalog/images/img_07785_04.jpg
出典R TOKYO|レジャー施設|ロケ地検索|東京ロケーションボックス

赤いカーペットの階段を降り、地下1階受付で3,500円/2DRINKを払い、ドリンクチケット2枚をもらいます。受付は感じのよいお姉さんでした。
R TOKYOは2フロア構成です。地下1階はラウンジっぽい作りになってて、地下2階のフロアがメインフロアです。地下1階の奥の方にはアイス売ってるコーナーがあって、DRINKチケットでお酒の代わりにアイスなんてこともできちゃいます(この日はポップコーンはやってませんでした)。
http://uds.gnst.jp/rest/img/cj9phvyx0000/s_00fp.jpg?t=1480075867
出典http://uds.gnst.jp/rest/img/cj9phvyx0000/s_00fp.jpg?t=1480075867

当日地下2階メインフロアの様子
www.youtube.com


肝心の客層、服装、雰囲気は、、
年齢層 20代前半~30代後半
男女比 6:4
服装 大人な雰囲気のクラブに反して、スーツの男性は少な目。カジュアル系が多い。いわゆるクラバーとか遊び人風の男子はほとんどいなかったです。女子もカジュアル系が多目です。
他のクラブ紹介レポを読んでもわかるのですが、男子も女子もあまりクラブ慣れしていない層がある程度来ているようです。
それはリムジンサービスがあったり、アイスを食べれたり、お笑い芸人を呼んでライブやったりと、新しい客層を開拓しているからなんでしょうね。
見かけた女子の服装で覚えているのは
ロングニットカーディガン
http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg
出典http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg

http://image.rakuten.co.jp/pierrot/cabinet/img38/s1512-012052_2_1.jpg
出典http://images4.anapnet.com/img/item/files/2/1/3/213330/23.jpg

Gジャンに白スカート
https://live-seconds-clipkit.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/item_images/images/000/020/219/medium/99f819f5-ea32-4c21-9709-574a42d34590.jpg
出典https://live-seconds-clipkit.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/item_images/images/000/020/219/medium/99f819f5-ea32-4c21-9709-574a42d34590.jpg

黒のパンツセットアップ
http://www.ruirue.co.jp/colormeshop/colormeshop_pc/pantsdress/pantsdress_item_list/pa426/item_pa426_03.jpg
出典http://www.ruirue.co.jp/

音楽はALLMIXでEDMメイン。音質はいい感じ(動画はスマホ撮影なので音が割れてすごく悪く聴こえるけど)。音量は普通。
レーザーもそれほど派手ではなく、落ち着いた大人な雰囲気のクラブって感じです。
ぎゅうぎゅうに混むという感じではないので、ゆったり音楽とお酒を楽しめます。本格的に踊りたい方も、スペースがあるので大丈夫です(イベント内容によっては激混みかもしれません)。

下記R TOKYOのホムペのシステム説明どおり、安心できる雰囲気ですので、クラブ初心者の方で、クラブって怖そう、、でも六本木・麻布エリアのクラブに行ってみたい!って方にオススメです。
www.r-tokyo.jp

最後におまけです。西麻布と六本木の間あたりにあるケバブ屋がとっても美味しかったので紹介します!
その名も「ケバブバー六本木」!(^^)!
場所は六本木交差点アマンドから120mぐらい西麻布よりの場所で、麻布警察署とパン屋のポンパドウルの間にあります。
お店の外観(カウンターだけのお店です。立ち食いOKなお店です)
f:id:club_prince:20161129011559j:plain

お店の中
f:id:club_prince:20161129011616j:plain

メニュー(食べ終わりの写真でごめんなさいで候🙇)
f:id:club_prince:20161129011631j:plain

ケバブサンド500円、オリジナルソースで食べました。
秋葉原にはケバブ屋が多くあるのですが、秋葉原ケバブ屋のケバブサンドの3倍位の量があります。さすがインターナショナルエリア六本木のケバブ屋だけあります。
実際、私が入ったときはすでに外国人が4人入っていました。
ピリ辛ソースは選んでないのですが、ピリッとホットなソースがしっかり肉にかかっています。
ピタブレッド(半円形のどらえもんのポケットみたいな形の薄い生地のパン)の中にはこれでもかって位、細かく刻んだキャベツがぎゅうぎゅうに入ってるのだけど、
沢山の肉にまんべんなくソースがかかってるから、それと交互にキャベツを食べると、そのソースの濃ゆさをキャベツが中和してくれて、ちょうどいいんです。あまりにキャベツが多くて、途中で食べきれないかもと思ったけど、
その中和のおかげで全部おいしく最後まで食べきれちゃいました。大食いの人でなければ、腹が減っていても、この500円のケバブサンドでお腹いっぱいになりますよ。
もしかすると女子は食べきれないかも。
ネカフェで仮眠とってから、朝の6時頃、磯丸水産六本木店前を通ったら、外国人で満席状態なのには驚いた!
皆さんクラブなどの夜遊び明けでお腹がすいて磯丸水産で海鮮焼いて食べているんですね~
前回の六本木朝帰りの時には気づかなかった新しい発見でした。
眠らない街は歌舞伎町だけではないんですね~