club_prince’s diary

クラブ初心者向けガイドsince2016~ 雰囲気 客層 服装 音楽で選ぶオススメのクラブ

新宿二丁目のクラブ&バー Dragon men(ドラゴンメン 龍男)に初めて行ってみた!

新宿歌舞伎町のクラブ(音楽の方ね!)3軒の紹介記事を書いてから、かなり間が空いたけど、今度は新宿二丁目のクラブを開拓してきました~ 新宿二丁目は外国人の観光スポットになるほど世界的に有名なLGBTの街です。 ムキムキの男同士が手をつないで歩いているのを見ると平和を感じますねー。

土曜日の深夜。 新宿三丁目で飲んだ後、夜中の2時、さーてクラブ行こうか~という流れになり、スマホで検索。 新宿歌舞伎町以外に、新宿二丁目にも3軒ほどクラブはあるみたいだけど、これまで新宿の二丁目のクラブには入ったことがない。 二丁目はお店によっては、同性愛者でないと入れないお店もあるので、クラブはどーなんだろと思いつつ 見た感じ入りやすそうだったDragon men(ドラゴンメン 龍男)というクラブに入ってみた。 ゲイバーにジャンルされているけど、女性含め誰でも入れて、ダンスフロアもあり、ダンサーもいるのでクラブ&ゲイバーですね。 こんな感じです。 www.youtube.com

場所は新宿三丁目駅降りて徒歩5分。大通りにある目印は大阪 王将と、ICC外語学院の看板。 矢印の路地に入ってすぐ。 f:id:club_prince:20180331133400j:plain

お店の前には、提灯!があり、そこに「龍男」と書いてある(笑) f:id:club_prince:20180331125254j:plain

入場料1000円1ドリンク付きだったはず。結構飲んでから行ったから、店入口でIDチェックはあったかどうか記憶がない(汗) 60人位の客入りで、フロアはまあまあ混んでる。 バーテンさんは例によって、ムキムキの上半身裸で、背中にはマジックで「謹賀新年」の文字!(訪問は一月だったから) バーカンにはお客さんとしてドラァグクィーンの人もおり。 GOGOダンサーは、女子ではなく、スリムマッチョの若いイケメンで、恰好はこんな水着を着ていました。変態仮面みたいな。 これ、モノキニならぬ、マンキニ(別名 ムタンガ)と呼ぶそうです。

f:id:club_prince:20180331123557j:plain

外国人含め、ぱっと見、同性愛者に見えない人も多かった。 ここのダンスフロアの照明は独特で、天井から、何本もの光線が床に直角に降り注いでいて、手のひらで光を受け止めてみたりできる。 あとミラーボールの数がはんぱない。 f:id:club_prince:20180331130202j:plain f:id:club_prince:20180331130524j:plain

音楽は、ALLMIXでいろんなジャンルのクラブミュージックが流れてた。 音量は大きくもなく小さくもなく。

男女比7:3 外国人の割合 2割

新宿の他のクラブもそうだけど、年齢層も客層も幅広く、服装もいろいろで、雑多な人が来ているので気軽に入れるクラブだよ。このblogに貼り付けた動画にも、ゲイバーっていう看板が映ってるけど、龍男はゲイでないと入り辛いってゆーことはなかったよ。それから、一人で入っても浮くことはないと思うよ。 新宿のクラブは、渋谷とかのチャラ箱、音箱とはまた違う感じ。たまに新宿のクラブに来ると、違う雰囲気が味わえて乙だね。